早口言葉第一弾

日本語にあった口の動きを練習するなら早口言葉がいちばん。 では日本を代表してサムライに頑張ってもらいましょう。 って、全然発音できてないぞ!?    

MTJ#2 ニュースを日本語で理解しよう

これ、日本人でも説明できない方の方が多いのでは? 日本のニュースははっきりと話さないことがかなり多いのです。 わいせつな行為と不適切な行為。 重体と重症。 遺体と死体。 違いを説明できますか?

イライラしたらぶったたけ!

そんなにストレスが溜まらないホーチミン生活ですが、それでもやっぱりあるんです、イライラは。 そんなときはこちらへ。 バッティングセンターです。 サムネイルでメイドカフェかと思った方、ごめんなさい。 ベトナムでアイドルをやっているという子に協力していただいて動画撮影です。 イライラしたらぶったたいてすっきりしましょう。  

初の実況動画

Youtube上ではあふれてきている実況動画、やってみなきゃ面白さがわからないということで、JAPOでもやってみました。 びっくりするほどゲーム慣れしていない。それがまたかわいい。 いつもおとなしい二人がギャーギャーいうのがいいですね。 これからこのゲームが上手にできるようになるのか? それとも別のゲームに行くのか? 僕が置いて言ってしまったPS4、存分に使いこなしてください。

活きた日本語を覚えていこう

女優の竹内有紀さんにご協力いただき、日本語学習者に活きた日本語を伝えていくコンテンツを作ってみました。 まずは第一弾。 いや、ほんとに話すのも上手ですし、おきれい。 この才能にびっくりしました。 引き続き第二弾、第三弾。 そして他にもいろいろな個性的な方達に登場いただきます。 日本語を習いたい方、ぜひご覧くださいませ。  

サトウキビジュースをオーダーしてみよう

ベトナムでもっとローカルに入り込みたいというあなた。 今回は稲葉春奈さんの紹介で路上のサトウキビジュースをオーダー。 ベトナム語のみの世界になりますが、やってみたらなんとかなるもの。 ぜひベトナム語で注文できるようになりましょうね。 しっかし、稲葉さん、かわいいなぁ。 見ていてドキドキしますわ。

ベトナム獅子舞の大迫力

旧正月を祝うベトナムは今まさに正月休み中。 この季節といえば激しい音と共に登場する獅子舞。 いや、獅子舞と言うより、獅子舞+鳶の出初め式的なアクロバットで攻めてきます。 どれだけの身体能力があるお兄ちゃん達がやっているのか? 決して事故ってはいけないめでたいところでここまでやるってすごい。

僕がミャンマーのためにできること

ミャンマーで発生したクーデターのことは皆さんご存じだと思います。 少ない情報の中、いろいろな意見が出ています。 スーチーさんを含め、政権に問題が全くなかったかというとそんなことは無いかと思います。 ですが、今回のことを国民が望んでいるのかといえば、それはまったくないと思います。 いろいろな意見があると思いますが、それでも暴力で奪ったものに正義はありません。 力で政権を奪い取り、国民に対して電話網やインターネットの制限をかける軍部。 それに怯える国民。 ここに正義があるのでしょうか? 一部、今回のクーデターを正当化するような人が日本のメディアに出ていますが、本当にミャンマーのことを考えているのか、疑問に思います。 クーデターがどうなるにせよ、状況が落ち着いても外国人はここにはなかなか戻れません。 今後10年は投資対象とはみられないのではないかと思います。 あなたならこの騒ぎの後に投資したいと思いますか? またこういうことが起きる不安定な国なんだろう?と思うのが普通だと思います。 これがミャンマーのためを思った行動と本気で思うのでしょうか? という文句を言っていても何も解決しませんし、誰の力にもなれません。 僕らにできることは何か? まずはメッセージを送ることからはじめてみることにしました。 最初は僕からのテキストのメッセージ。 とても熱い思いを返信してもらいました。 続いて僕の友達に声をかけて参加してもらった応援ビデオ。 投稿からまだ1.5日ですが、facebook上でシェア2.5万、コメント2,400。 いいねの数が12万に達しました。 たかが応援ビデオ。それをみても何も得しないだろうと思う人がいるかもしれませんが、これだけシェアされているということは、多少なりともミャンマーのみなさんに喜んでもらえたということ。 自分がそういう立場だったとしたら、外国の人からのメッセージはうれしいだろうなと思ったのではじめたのですが、ちゃんと届いているようでうれしいです。 Facebookをやられているかたは、ぜひこちらをご覧ください。 https://fb.watch/3smnG_Q3Ys/ 暴力反対。ミャンマーに平和を。 ミャンマー人のみんなと楽しく笑いながらお酒が飲める日が、一日でも早く戻ることを期待しています。

日本のお墓問題。永代供養という考え方

今、お墓の問題が大きくなりつつあります。 高齢化社会、地方離れ、核家族化。 さらに押し寄せる不景気がコロナの影響でどこまで悪化するのか、想像もつきません。 遠く離れた地元までお墓参りに行くのが大変だからと、今住んでいるところの近くにお墓をと、数百万円がポンと出るご家庭はなかなかないのではと思います。 そんな状況から日本国内で400〜450万もの骨壺がご自宅に保管されているのだそうです。 そして骨壺を見ながら、”お墓を作ってあげられないでごめんね。。。”と思っていることを想像すると、胸が苦しくなります。 あまりテレビなどでは報道されていませんが、大きな社会問題ですよね。 これに合わせていろいろな対策をしているお寺、霊園が出てきています。 樹木葬などで墓石を必要とせず、土地面積も少なくして安くする方法。 お墓ではなく、納骨堂にすることで値段を下げる方法。 さらに合祀墓という形。 地方自治体が運営してる合祀墓というのがありますが、これは定義上では墓となっているので遺骨を治めることができますが、祈祷も何もないところも多くあります。 この状態で5〜7万円で永代供養といっています。 祈祷せずに永代供養といっていいのか、という気はしますが、安いのはありがたい。 ただ、埋葬というよりもきつい言葉で言えば、処理という言葉に近いものを感じます。 これだけのことでこんなに費用が必要でしょうか? 生活保護を受けている方からこの金額を巻き上げますか? この問題をお聞きし、日本のお寺とお話をして最低価格の合祀墓でしっかりと永代供養していただけるサービスを作ってみました。 10,000円。 これで永代供養が終了です。毎年かかる費用はありません。 追加で発生するのは、遺骨の送料のみ。これもゆうぱっくで送付できますので、金額は大きくなりません。 そしてなにより、ちゃんと歴史あるお寺の住職が毎年祈祷をしてくれます。 このサービスは亡くなった方のためというよりも、残されたご遺族のみなさんのためのものと思っています。 ”お墓が無くてごめんね。。。” この気持ちから解放されませんか? ・永代供養-東光寺(Facebook) ・永代供養-東光寺

メコンはアレで楽しむ。

ベトナムの遊園地はちょっと日本の常識が通じない。 というのは、ベトナム経験が長い人はご存じかもしれません。 ホーチミン市にあるワニがつれる公園とかね。 メコンデルタ最大の街、カントー省もなかなか味のある遊園地があります。 犬がんばれ! 豚もがんばれ! 今夜の晩ご飯を賭けて戦ってみてはいかが?