日本のお墓問題。永代供養という考え方

今、お墓の問題が大きくなりつつあります。 高齢化社会、地方離れ、核家族化。 さらに押し寄せる不景気がコロナの影響でどこまで悪化するのか、想像もつきません。 遠く離れた地元までお墓参りに行くのが大変だからと、今住んでいるところの近くにお墓をと、数百万円がポンと出るご家庭はなかなかないのではと思います。 そんな状況から日本国内で400〜450万もの骨壺がご自宅に保管されているのだそうです。 そして骨壺を見ながら、”お墓を作ってあげられないでごめんね。。。”と思っていることを想像すると、胸が苦しくなります。 あまりテレビなどでは報道されていませんが、大きな社会問題ですよね。 これに合わせていろいろな対策をしているお寺、霊園が出てきています。 樹木葬などで墓石を必要とせず、土地面積も少なくして安くする方法。 お墓ではなく、納骨堂にすることで値段を下げる方法。 さらに合祀墓という形。 地方自治体が運営してる合祀墓というのがありますが、これは定義上では墓となっているので遺骨を治めることができますが、祈祷も何もないところも多くあります。 この状態で5〜7万円で永代供養といっています。 祈祷せずに永代供養といっていいのか、という気はしますが、安いのはありがたい。 ただ、埋葬というよりもきつい言葉で言えば、処理という言葉に近いものを感じます。 これだけのことでこんなに費用が必要でしょうか? 生活保護を受けている方からこの金額を巻き上げますか? この問題をお聞きし、日本のお寺とお話をして最低価格の合祀墓でしっかりと永代供養していただけるサービスを作ってみました。 10,000円。 これで永代供養が終了です。毎年かかる費用はありません。 追加で発生するのは、遺骨の送料のみ。これもゆうぱっくで送付できますので、金額は大きくなりません。 そしてなにより、ちゃんと歴史あるお寺の住職が毎年祈祷をしてくれます。 このサービスは亡くなった方のためというよりも、残されたご遺族のみなさんのためのものと思っています。 ”お墓が無くてごめんね。。。” この気持ちから解放されませんか? ・永代供養-東光寺(Facebook) ・永代供養-東光寺

メコンはアレで楽しむ。

ベトナムの遊園地はちょっと日本の常識が通じない。 というのは、ベトナム経験が長い人はご存じかもしれません。 ホーチミン市にあるワニがつれる公園とかね。 メコンデルタ最大の街、カントー省もなかなか味のある遊園地があります。 犬がんばれ! 豚もがんばれ! 今夜の晩ご飯を賭けて戦ってみてはいかが?    

360°カメラで時代劇を遊ぶ

成田にある房総のむらの一角をお借りして時代劇を撮ってみました。 360°カメラで遊ぶとどうなるかな?という実験ですが、いかがでしょうか?  

JAPO紹介ビデオ作成しました。

明けましておめでとうございます。 2020年はもう笑うしかない状況でしたが、2021年はなんとかみんなで楽しく笑えるようにしていきたいと思います。 いろいろなことを始めたJAPO、わかりにくいというご意見もいただきましたので、JAPOでも大活躍の栄川乃亜さんにご協力いただき、紹介ビデオを作りました。 若干詰まるところがあるのもまたかわいいところ。 ぜひご覧くださいませ。

衝撃映像。ホーチミンのクリスマス

まじか、ホーチミン。。。といいたくなるような衝撃映像。 これがコロナ禍のクリスマスです。 ベトナム国内は平穏そのもの。すごいですね。。。

ガツンと一発、鼻血が出そうなベトナムコーヒー

ベトナムコーヒーを飲んだことはありますか? 初めて飲んだとき、”なんじゃこれ! 頭おかしいのか!?”と思う人、多いんじゃないでしょうか? 濃いコーヒーに、濃い甘さのコンデンスミルク。 この2つのカウンターパンチというのかダブルパンチがあなたの脳を眠りから引っ張り出します。 感覚的には飲むデザート。 氷が溶けてくるとほどよいバランスになります。 千葉県周辺で育った僕と同世代の人なら通じるかもしれませんが、マックスコーヒーを思い出す感じです。 アレより甘いかも。 そんなベトナムコーヒーをうちのスタッフに飲んでもらいました。 演技が超かわいい。w

お墓問題を真剣に考える

僕の父と祖母が今、同じお墓に眠っています。 家から車で1時間弱のところ。電車とバスでの乗り継ぎでは1日仕事になってしまう不便さ。 母は現在はまだ車の運転ができるから行けますが、そのうち車は厳しくなります。 僕がいるときならもちろん運転していきますが、僕はいつもベトナム。 そしてできれば母もベトナムで引き取りたいと思っています。 そうするとお墓どうするかね?という話になるのですが、そのお墓の住職が僕はきらいです。 何か考えないといけないなぁ、と思っているところに別のお寺から面白いお話をいただきました。 お墓問題はけっこう根が深くて、お墓を用意できずに自宅におかれているお骨が日本全国で400万とも450万とも言われているそうです。 お墓が高すぎて買えないと言う人たちは、骨壺とともに暮らしています。 お化けが出るとかそういう話じゃなく、骨壺を見るたびに、”ごめんね、、、お墓を用意してあげられなくて。。。”と思っていることだと思います。 問題はそこです。生きている人の気持ちの問題です。 じゃぁ合祀墓はどうかというと多くの場合自治体がやっていて、ただ穴に放り込むだけ。 供養もない。これで7万とか8万円取られるそうです。 最低限のこともないでこれというのはちょっとどうなのかと思います。 お寺からいただいたお話というのがこれについてのこと。 ちゃんとお寺で合祀墓を建てて最安値で永代供養するというサービスを展開しているそうですが、その告知のお手伝いです。 1万円。(+送料) これだけで合祀墓に入ることができ、さらに供養もちゃんとお寺でやってくれるのは、自治体の合祀墓とちがうところ。 もちろんこのやり方に反対の人もいると思います。 そういう人はお墓を建てるなど他の方法をとればよいだけで、この永代供養がすべての人に良いとは思いません。 でも骨壺を見ながらお金のことで悩んでいる人を救う、良いサービスではないかなと思います。 日本人が宗教離れ、いやお寺離れをしている原因の1つはこの葬儀、お寺の制度にあると思います。 とにかく高い。 戒名ってなんだよ? お墓ってこんなに高いの? 毎年毎年お金を請求される割には何をしてくれているのかわからない。 日本人は死ぬためにたんまりとお金を残さなければならない状況です。 イヤにならない方がおかしい。 とはいっても宗教心がゼロにというのはなかなかならないもので、やはりちゃんとお経を唱えてもらいたい、お寺に入りたいと思う人が多いと思いますが、そんな人たちに喜んでいただけるサービスになっているかと思います。 最安値1万円の永代供養。 お墓問題でお悩みの方、ぜひご相談ください。 永代供養.net  

モテバイク

ベトナムの移動手段と言えばバイク。 ドアtoドアでバイクで移動するので、まるっきり歩かなくなってしまった気がします。 東京で電車を使って移動する人って今思えばかなり歩くんですよね。 その歩数の1/100ぐらいになって不健康になった気がします。 でも便利なバイク。 これはただの足ではなく、ステータスの1つでもあります。 かっちょいいバイクに乗ればモテる。 そう、モテバイクに乗るべきです。 そしてそんな自慢のバイクは綺麗に保ちましょう。 ベトナムの洗車は恐ろしく丁寧で、金額は衝撃。 こんなに綺麗にしていただいて申し訳ない。

コキアよ、どこにいった?

コキアが今、見頃です!というニュースを見て、なんとしても写真の収めたくて行ってきましたよ、ひたち海浜公園。 流山から常磐道に乗って順調に進んでいましたが、友部JCTあたりで不穏な空気。 そして、ひたち海浜公園ICの手前2kmで動かなくなりました。 これみんな、同じ目的地だよね。。。 焦らせれながら到着した、ひたち海浜公園。 目標はコキアですが、手前で噴水を発見。 新たに手に入れた可変NDで遊んでみたくてちょっとパチリと。 手持ちなので無理がある。 15分ほど歩いて到着したのが目的のみはらしの丘。 混雑過ぎて上に上がるには事前予約が必要。 やってないので下から見ます。 途中の売店ではコキアまんじゅうとか売ってました。 もうこの公園、コキア一色。 で到着したみはらしの丘。 ちょっと待て。。。 手前のコスモスはもちろん綺麗ですが、奥の方に見えるあれ、コキアだよね? なんか、、、ピーク過ぎてないか? 残念ながら見逃したようです。 が、コスモスが超綺麗。 ふらふら揺れて撮るのが難しいコスモスですが、今日は風もおとなしくて、いい感じ。 コキア、君の時代はもう終わっていたんだね。 なんだったんだ、、、あのニュースは。 そして次の準備はこの子でしょうか? これはカタクリの花かな? 詳しくないので間違ってたらごめんなさい。 一面に白い花を咲かせるのかな? これはこれで楽しみです。 ちなみにこの公園の人気に火を付けたのはベトナム人だそうです。 花が大好きな国民、ベトナム人。 彼らが大絶賛したのが広がり、日本人もたくさん来るようになったとか。 あ、間違ってたらごめんなさい。噂レベルのはなしでした。 でも今回もたくさんのベトナム人の方が来園されていました。 来年はもっともっと多くの皆さんが来られるようになっているといいですね。

日系企業名は発音してもらえるのか?

親日国ベトナム。 そして日系企業で働いているということは大分日本のことに詳しいはず? そんなみなさんは日本の代表的な企業名をちゃんと発音できるのでしょうか?実験してみよう! 大切なお取引き先の社名は発音できるようにしましょう。