あぁ、なるほど。

日本語を全く知らないベトナム人でも、一言だけ覚えて日本人をびっくりさせよう! そんなコンテンツをシリーズ化していくことにしました。 今回は、 あぁ、なるほど。 突然、日本語が話せないと思っていた子に言われたらびっくりしますよね。 演じているのはDistanceのぶりっこちゃん。 まじめな日本語学校では教えてくれない、笑える日本語をお伝えしていけたら、と思っています。 http://japo.vn

トリックアート

ベトナム人は写真が大好き。 いや、自撮りが大好き。 というか、自分好き。 そんな人達に最適な自撮りスポットだらけのトリックアートの美術館(?)に行って来ました。 こんな写真が撮れます。 どれもフォトショップ加工ゼロ。 で、こんなのが撮れます。 よく出来てますよ。これ。 自撮り好きなベトナム人としてはこんないいとこ、ないんじゃないかな? ただ残念なのが係員が店内にいないこと。 僕らはみんなでいったのでOKですが、カップルが二人でいったりすると撮れないわけです。 もったいないね。場内に5人ぐらいスタッフがうろついていればいいだけなんですけど。 ただここでリピート客をとるってのはなかなか難しそう。 絵は定期的に変わるらしいんですが、また行きたいかというと微妙。 とかなんとか、人のビジネスなのに勝手に悩んでみるのが好きなおじさんでした。

日本の音楽業界

JASRACが最近叩かれていますが、おかしいのは彼らだけじゃないようです。 某バンドのメンバーの一人をベトナムでカリスマ的存在にしていこうと思っています。 そのバンドは世界的に有名なのですが、ベトナムではまだ完全に無名。 その人というのは既になくなってしまった方なのですが、今でも日本でカリスマ的存在として見られている方で、その方の弟さんが事務所の代表をされていて、彼とは合意を得ています。 そしてベトナムのテレビの撮影で日本に行った時に彼のブランドショップを取材させていただき、さぁここからスタートだとなったのですが、   音源はだめ   と、レーベルが言ってきました。 コピーされるから駄目と。 紹介に使うだけなので、30秒で切ったものでもOKと言っても駄目。 30秒の超不完全なものもコピーされるのが怖いの?馬鹿じゃないの? んじゃぁ映像だけもらって、スーダラ節でもBGMにかけてやろうか!と思いましたが、それもアーティストに失礼なのでやりません。 こんなくだらないやり取りをしている間に韓国勢はアジア圏で勢力拡大中です。   JASRACの話もそうですが、こういう人たちが偉そうに権利権利というから、アーティストがやりたいこともやれない状態になって日本の音楽業界は廃れていくんでしょうね。 むしり取るだけじゃなく、支援できないもんなんでしょうかね? 嫌ならJASRACも大手レーベルとも組まなきゃ良い? でも、潰されるんでしょ? そういうのは。 ヤクザよりひどいよ。 ていうか、ヤクザさんも比べられて失礼しちゃうよ。

浅草ビューホテルの朝ごはん

テレビの撮影で浅草ビューホテルさんに宿泊させていただきました。 便利な場所、綺麗な部屋に神輿が飾ってある豪華なロビー。 そこもすごいのですが、朝ごはんを食べながら見る日の出が最高でした。 朝ごはんのスタート前から待って、オープンと同時に窓に向かったテーブルに案内をしていただきました。 ご飯もとても美味しいのですが、この景色がすごい。 スカイツリー、浅草寺、花やしきなど、浅草の名所を見下ろしながら、遠くからは日の出。 さすが、Viewのホテル、浅草ビューホテル。 この景観は見事です。 一緒にいったベトナム人のみなさんも写真撮影に必死になり、もう出発まで時間がないのになかなかご飯を食べられないという状況になりました。 もう一度泊まりたいホテル。 そう思わせてくれる素敵なホテルでした。  

tet 2017

ベトナムは旧正月の国。 なので、通常の12月31日よりも断然、この旧正月の方が盛り上がります。 ホーチミン市では街の真ん中の歩行者天国全部を花で埋め尽くします。 こんなプロジェクションマッピングも今回やっていました。 これはベトナムではまだまだ珍しい。 ホーチミンさんの像がディズニーランドのウォルト・ディズニーに見えてきます。 手を繋いでいるミッキーマウスがいませんけどね。 暑いので夜いきました。それも元旦前。 それでもものすごい人、人、人。溢れています。 元気な街、ホーチミン市で、2017年も頑張っていこうと思います。