Eudora復活か?

Eudora、久しぶりに聞きました。 これは誰かが復活させるのでしょうか? インターネット聡明機の人気メールソフト「Eudora」のソースコードが公開される 僕がRim netというところで電話サポートのお仕事をしていたのが98年ですが、その頃によく聞いた名前でした。 こんな懐かしい名前を聞いてその頃使っていたMacを思い出しました。 写真のPowerMac7300/180。 こいつでVirtual PCを動かしたんですが、使い物になるとかそういう次元じゃないぐらいのどうしようもなさでイライラしながら池袋を歩いていて、Libletto100を衝動買いしてしまったのまで思い出しました。 Eudora。どういう意味か全然わかりませんが、なんかかっこいい。読みにくくて。 でも復活して欲しいのはEudoraよりも、PostPetだったりします。

ライチの季節

ライチの季節がやってきました。 ベトナムのフルーツの中でも僕はライチが大好きです。 まだ出だしなので値段が高いのですが、これからどんどん安くなります。 安くなったらお酒を造るかな? ちなみにインドネシアでは、”寅の金●”というような言葉で呼ぶそうです。 寅の●玉は見たことがないですが、まぁこんなもんなんでしょうね。 あれ? インドネシアであってたっけ? いい加減な情報なので、違ってたらゴメンナサイ。

地方都市でこれか。。。

中国広東省の深圳に行ってきました。 北京、上海、長春、香港は行ったことがあるのですが、深圳は初。 何この大都会。 延々と続くデカいビル群。 マンションも日本で普通に見るものよりも高層なものが団地かよ、というぐらいのニョキニョキです。 道路も幅が広く、整備も完璧。 ベトナムのように壊れた信号とか、ありません。 Wikipediaでは1500万人都市となっていますが、3000万人ぐらいいるんじゃない?とのこと。 東京ってなんなのよ?という感じです。 これがNo.1都市じゃないのですから。。。 ただ英語がほぼ通じない恩が辛いです。 Check Outという言葉もホテルで通じませんでした。 こりゃ中国語を勉強しなきゃならんですね。   ということで、決めてきました。 JAPO中国、始めます。

こんなフォー、日本人は知らないはず

フォーと言えばうどんのような食べ方のイメージかと思いますが、実はいろいろな食べ方があるのです。 焼きうどん風にしたり、堅焼きそばみたいに一度油で揚げてその上にあんかけをかけたり。 今回はそんな変わり種フォーの中でもちょっと珍しいものを食べてみます。 Pho Chien Phong、という食べ物。 このフライみたいなのがフォーです。 細切りして麺のようにせず、大きめに切って重ねたものを油で揚げたもの。 スパゲティ的に言うと、ラザニアのパスタみたいな板状のものをもうちょっと小さくして重ねた感じのフォーです。 普通のフォーがさっぱり系なのに対し、油で揚げてますし、衣までついているので、ちょっとこってり。 ビールなんかがよく合いそうです。

たまには贅沢にお茶を

ホーチミン市のレタントン通りという日本人街。 ここにはハーゲンダッツのカフェがあります。 ちょっとお高い。 でもやっぱりおいしい。 ベトナムでおいしいアイスを食べるならやっぱりここ。 ローカルなところも試しましたが、なかなかいいところは発見できず。 で、今回はそんなハーゲンダッツのカフェでのんびりと紅茶を飲んでみました。 お茶のあてとして、蓮の実がついてきました。 これがなんともベトナム風でいい感じ。 いつでも暖かいホーチミンですから、外の風を感じながらゆっくりと本でも読むというのは最高。 本はなかなか買えませんが、Amazon Kindleならどこでも新しい本が購入できるので、けっこう読書も困らない時代になりました。 便利。