コキアよ、どこにいった?

コキアが今、見頃です!というニュースを見て、なんとしても写真の収めたくて行ってきましたよ、ひたち海浜公園。 流山から常磐道に乗って順調に進んでいましたが、友部JCTあたりで不穏な空気。 そして、ひたち海浜公園ICの手前2kmで動かなくなりました。 これみんな、同じ目的地だよね。。。 焦らせれながら到着した、ひたち海浜公園。 目標はコキアですが、手前で噴水を発見。 新たに手に入れた可変NDで遊んでみたくてちょっとパチリと。 手持ちなので無理がある。 15分ほど歩いて到着したのが目的のみはらしの丘。 混雑過ぎて上に上がるには事前予約が必要。 やってないので下から見ます。 途中の売店ではコキアまんじゅうとか売ってました。 もうこの公園、コキア一色。 で到着したみはらしの丘。 ちょっと待て。。。 手前のコスモスはもちろん綺麗ですが、奥の方に見えるあれ、コキアだよね? なんか、、、ピーク過ぎてないか? 残念ながら見逃したようです。 が、コスモスが超綺麗。 ふらふら揺れて撮るのが難しいコスモスですが、今日は風もおとなしくて、いい感じ。 コキア、君の時代はもう終わっていたんだね。 なんだったんだ、、、あのニュースは。 そして次の準備はこの子でしょうか? これはカタクリの花かな? 詳しくないので間違ってたらごめんなさい。 一面に白い花を咲かせるのかな? これはこれで楽しみです。 ちなみにこの公園の人気に火を付けたのはベトナム人だそうです。 花が大好きな国民、ベトナム人。 彼らが大絶賛したのが広がり、日本人もたくさん来るようになったとか。 あ、間違ってたらごめんなさい。噂レベルのはなしでした。 でも今回もたくさんのベトナム人の方が来園されていました。 来年はもっともっと多くの皆さんが来られるようになっているといいですね。

日系企業名は発音してもらえるのか?

親日国ベトナム。 そして日系企業で働いているということは大分日本のことに詳しいはず? そんなみなさんは日本の代表的な企業名をちゃんと発音できるのでしょうか?実験してみよう! 大切なお取引き先の社名は発音できるようにしましょう。

新時代の広告スペース

世界中の多くの人がマスクをしている時代。 欧米人とかはピークが過ぎたらはずしてしまうんでしょうが、日本人は元々マスク民族なのでそのままなんでしょうね。 そこで出てきているのがちょっとこじゃれたマスク。 かっこいいんですが、ちょっと待って。 人の目線にとっても入りやすいマスク、いがいと広い面積なんですよね。 広告スペースじゃねぇか、これ。 ということで、じゃん。 ぶち込んでみましたよ、広告。 クリックできないし、QRコードで読み込みとかできないけど、ブランド戦略としてはありな広告ではないでしょうか? デザイン悪けりゃ誰もしてくれませんが、このぐらいならどうです? 刺繍ですよ。刺繍。 withコロナ時代の新戦略、マスクで広告。 流行らないですかね? やってみたい方。 マスクの発注はぜひ私に。w

Ardbeg祭り

新橋のMoonlightさんにお邪魔させてもらいました。 2店舗あるそうですが、駅に近い方、ビルの2Fだか3Fだかのお店です。 とにかくウィスキーのラインナップがすごさに圧倒されます。 棚だけでも十分な量が並ぶのにはみ出てカウンターにも並んでいます。 今では手に入らないぞ?というものもたくさん。 座った席のちょい左に並んでいました。 僕の好きなArdbeg。 癖が強いスコッチ達の中でもけっこうとんがりまくったこのお酒、大好きなんですよ。 見たことないラベルも含め、Ardbegだけでずらっとそろっている。ここで普通に手に入るArdbegを飲んでももったいない。という事で一杯目はこちら。 Ardbeg Grooves。 どことなくフルーティーな香りがしたと思ったら、それをたたき壊すかのような勢いで、Ardbeg特有の強いピート臭。 それでもほんのり残るフルーティーさはいつものArdbegとちょっと違う。 ような気がする。(笑 並べて飲み比べたいですね、こういうのは。 次に飲んだのは写真撮り忘れちゃいましたが、Ardbeg Super Nova。 スモーキーさがただでさえ強いArdbeg、それのピートx2というアホ仕様。 もうこれ、火事の現場だよ。 でも癖になる。Groovesのイメージが完全にすっ飛びました。 ラベルはキャトルミューティレーション的なかわいいデザイン。 欲しいなーと思ってAmazonみてみたら16万円。 買えないわ! しょうがない、またこのお店に来なければ。

器用貧乏一直線

中国語のようなタイトルになってしまいましたが、昔から自分でもわかっているんです。器用貧乏ってやつだなって。 いろいろほどほどにできるけど、それぞれがトップクラスじゃない。 けどね、その器用貧乏も上手に使えるんだと思っています。 最初にそんな話をしたのは今回、カメラの話をしたかったから。 コロナ渦でベトナムに戻れない中、何ができるかを真剣に考えました。 その中の1つが撮影です。 日本にいるならJAPO用の写真、動画を撮りまくれるチャンスと考えて動こうと思いました。 が、持ってきたEOS M5。 レンズは広角一本と30mmの単焦点のみ。 微妙にやりずらい。 でも、ベトナムにレンズがあるのに同じの買うほど馬鹿らしいことはない。 と悶々としているところに撮影の依頼をいろいろといただき、この手持ち2本ではダメだという判断から、EOS Rを買っちゃいました。 R5は品切れで手に入らないので、値段が落ちてかわいい感じになったRを。 レンズは全くかわいくないですけどね。 24-70mm f2.8 70-200mm f2.8 も一緒にGet。 やっちまったよ。でも仕事を取るための条件を考えるとしょうが無いという判断です。 あとはこれで稼がにゃならんということで、頑張って動きましょ。 11月にまた大きめな撮影のお仕事をいただけそうなので頑張ります!

ミャンマーコーヒーと料理

昨日はミャンマーづくしな一日でした。 牛込柳町を降りてすぐのところにあるミャンマーコーヒーのお店へ。 看板がビルマ語で雰囲気十分。読めませんけども。。。 中はこれでもか!という勢いでコーヒーの素敵な香りが充満しています。 コーヒー好きな人にはたまらないかも。 そして実は初めて飲んでみました。ミャンマーコーヒー。 僕を存知の方は知っているかもしれませんが、コーヒーとビールにそんなに愛がないため、よくわかっていないのですが、酸味が強めに効いた独特の味。 香りがかなり強く、おいしくいただきました。 興味のある方は僕のしょぼいレポートは気にせずにぜひ体験してみてください。 アウンコーヒー そしてその後は早稲田まで歩いていって東西線に乗って高田馬場へ。 リトルミャンマータウンとも言われるミャンマー料理店が多い町で老舗のミンガラバーというお店へ。 ミンガラバーはこんにちはという意味。(唯一覚えたビルマ語です) この日はミャンマーの投票があったらしく、大使館で投票した若者達が絶好調のままこのお店に集合。 大カラオケ大会になっていました。 選挙ネタで盛り上がる。これはいいことだと思います。 日本の若者、選挙行きなさい。 コロナの影響でしょうか? ミャンマー産のビールは在庫切れでした。シンハーを進めてきましたが、それ隣国じゃねーか。ということで、ごく普通な生ビールを注文。 ビールに愛がない僕は、なんでも美味しくいただけます。違いわかってないし。 ミャンマー料理、いくつか写真を並べましたが、こんな感じです。 彩りがあまり良くないのです。 茶色の割合が高い。 でもおいしいです。 世界で人気の料理になるためには彩りも大切だと思います。 日本はもちろん、フランスもそうですし、中華のゴージャスな感じも見た目がかなりきれい。 美味しければいいのだ、というのももちろんわかりますが、かあちゃん料理の域から一歩飛び出すには見た目が大切。 ベトナム料理はいがいと見た目をきっちりしてくるんですよね。 せっかく美味しいのだから、Neoミャンマー料理として誰か、こぎれいにしたら世界でウケるんじゃないかな? だめですか?

真のベトナムマニアならこれを自炊すべし。

このページを見に来ている方の半数ぐらいはベトナム好きの人かと思います。 もっともっとベトナムを知って、ベトナムマニアになっていただきたい。 真のベトナムマニアなら、”私の得意料理? んー、フォーかな?”とさりげなく答えられるようになっていただきたい。 そんな想いで動画を作ってみました。 日本でも(頑張れば)手に入る食材で作れます。 パクチー、ワシワシに盛り付けてお召し上がりください。 ちなみに僕はつくったことありません。 だって、食べに行ったら安いんだもの。。。