ミャンマーコーヒーと料理

昨日はミャンマーづくしな一日でした。 牛込柳町を降りてすぐのところにあるミャンマーコーヒーのお店へ。 看板がビルマ語で雰囲気十分。読めませんけども。。。 中はこれでもか!という勢いでコーヒーの素敵な香りが充満しています。 コーヒー好きな人にはたまらないかも。 そして実は初めて飲んでみました。ミャンマーコーヒー。 僕を存知の方は知っているかもしれませんが、コーヒーとビールにそんなに愛がないため、よくわかっていないのですが、酸味が強めに効いた独特の味。 香りがかなり強く、おいしくいただきました。 興味のある方は僕のしょぼいレポートは気にせずにぜひ体験してみてください。 アウンコーヒー そしてその後は早稲田まで歩いていって東西線に乗って高田馬場へ。 リトルミャンマータウンとも言われるミャンマー料理店が多い町で老舗のミンガラバーというお店へ。 ミンガラバーはこんにちはという意味。(唯一覚えたビルマ語です) この日はミャンマーの投票があったらしく、大使館で投票した若者達が絶好調のままこのお店に集合。 大カラオケ大会になっていました。 選挙ネタで盛り上がる。これはいいことだと思います。 日本の若者、選挙行きなさい。 コロナの影響でしょうか? ミャンマー産のビールは在庫切れでした。シンハーを進めてきましたが、それ隣国じゃねーか。ということで、ごく普通な生ビールを注文。 ビールに愛がない僕は、なんでも美味しくいただけます。違いわかってないし。 ミャンマー料理、いくつか写真を並べましたが、こんな感じです。 彩りがあまり良くないのです。 茶色の割合が高い。 でもおいしいです。 世界で人気の料理になるためには彩りも大切だと思います。 日本はもちろん、フランスもそうですし、中華のゴージャスな感じも見た目がかなりきれい。 美味しければいいのだ、というのももちろんわかりますが、かあちゃん料理の域から一歩飛び出すには見た目が大切。 ベトナム料理はいがいと見た目をきっちりしてくるんですよね。 せっかく美味しいのだから、Neoミャンマー料理として誰か、こぎれいにしたら世界でウケるんじゃないかな? だめですか?

誕生日は小籠包で

今年の誕生日はミャンマーで迎えました。 で、僕の大好きなこのお店に。 ここの小籠包がめちゃめちゃおいしい。 薄い皮にたっぷり肉汁。 鼎泰豐の小籠包を思い出す食感と味。 これが超ローカルなところにあるのだからビックリです。 ミャンマーの人も大好きだというこのお店、、、のはずが、お客さんが誰もいない。 早めに入ったからかな?と思ったのですが、後からも人が来ない。 本日、僕ら3人だけですか?? 頼むから潰れないで頑張っていただきたいのですが、ドキドキしますね。 ここがなくなるとミャンマーに来る楽しみの1つが消えてしまう、、、お願いします、頑張って。 で、小籠包を堪能。 味が悪くなったから人がこないのか?と思ったのですが、そんなことなし。 文句なしのうまさ。 これで人が来ない理由が全然わからない。 みなさま、ミャンマーに行ったらぜひこのお店にいってみてください。 炒飯とかもおいしいですが、とにかくこの小籠包が絶品です。 食べなきゃ損。 食べ終わったタイミングで、突然電気が消えました。 あぁ、停電か。と思ったら、 じゃーん。 誕生日ケーキがきました。 異国の地でお祝いをしてもらいました。うれしいねぇ。 来年はどこでどんな人と誕生日を迎えるのか?ちょっと楽しみです。

街に溶け込むロンジー

おっさんがスカート、というと違和感を感じますが、ロンジーを履いたおっさんはミャンマーの町並みに溶け込みます。 今回は誕生日に訪問したと言うことで、プレゼントでロンジーをいただきました。 で、しっかりベトナムに持ち込みました。 気候は似たようなもんですが、周りにロンジーな人、ゼロ。 はけないもんですね。 恥ずかしいとかそういう感覚じゃないのですが、なかなか難しい。 パンツはかなきゃスースーして気持ちよさそうではありますが。

ミャンマーの夕日

ミャンマーでマジックアワー。 ちょっと遅めか? 綺麗な空を見ていると、明日も頑張らなきゃならない気がしてきます。 いつもこの時間はオフィスにいるので、なかなか見られません。 いいタイミングで夕食へGO。

B級グルメ ココナッツ麺

ミャンマーのヤンゴンで食べたB級グルメ、ココナッツ麺(であってるのか?) 濃厚ココナッツスープに麺が入っていて、上になんだろう?スナック菓子のような油で揚げたサクサクのものがのっています。 スープも含めた完食まで、ほんの5分程度。 うますぎて止まらない。 同じようにココナッツがあるので、ベトナムでも出してもらいたいです。 で、お店の片隅にもそっとした物体があったので近づいてみると。。。 電池が切れたかのように動かないウサギちゃん。 鎖も何もないのですが、逃げる気配なし。 野良ウサギということではないようです。 野犬が多いので、食べられないようにね。

鉄道好きにはたまらない?

おそらく鉄道好きにはたまらないんではないでしょうか? ミャンマーのヤンゴン中央駅。 建物自体は結構かっこいいのですが、メンテナンスをしていないためか、かびだらかのボロボロ。 ハノイの教会を思い出します。 この駅は各路線があつまるターミナル駅になっています。 そう、東京駅や新宿駅みたいなもの。 でもまだ上野駅を超える事も出来ていない状態というか、松戸駅の方が遙かに上です。   こんな駅の何がよいかというと、日本の古い車両がたくさん流れ着いているということ。 すみません、鉄道にまるっきり興味がないのでこの車両が噂のJAPANなのかはまるっきりわかりませんが、すごいのはその車両が走っている横の線路も歩けちゃうということ。 なんなら飛び乗りも可能。 だって、スピードでないんですから。。。 線路の状況が悪く、トップスピードも20km/h程度だそうです。 余裕で飛び乗れます。 ひかれたら半端に痛みを感じながら死にそうで嫌です。   うち捨てられた車両もあります。 これなんか、日本で見たような気がしないでもないような。。。 まぁ、、、鉄道ってだいたいこういう形でしょうからわからないですけど。。。 ちなみに街中の車は大部分が日本車。 ベトナムもTOYOTAだらけですが、そういうことではなく、日本の中古車という意味です。 右ハンドルで右側通行。 何か間違っているということに最近気がついたようで、右ハンドルの中古は入れられなくなったようです。 正解です。   でも街中の移動用に鉄道があるというのは、ホーチミンも負けているわけです。 まだないですから。 この駅が新宿駅、とまではいかなくても、柏駅ぐらいになる日はそう遠くないのでは?と思います。 町の発展が想像できるところを歩くというのは楽しいですね。

ヤンゴンの鉄道

ミャンマーに来ました。 日本で言う東京駅の役割となる、ヤンゴン セントラル駅。 線路を平気で横断可能。 そして写真を撮ると、歪んだ線路が見えてきます。。。 山手線のような環状線があって、大きさもだいたい同じだそうですが、この線路&ボロボロ車両のため、20kmしか出せず、1週3時間かかるそうです。 そしてディーゼル。   これもいずれ、”こんな時代があったねぇ”と言う日がくるんでしょうね。