お墓問題を真剣に考える

僕の父と祖母が今、同じお墓に眠っています。 家から車で1時間弱のところ。電車とバスでの乗り継ぎでは1日仕事になってしまう不便さ。 母は現在はまだ車の運転ができるから行けますが、そのうち車は厳しくなります。 僕がいるときならもちろん運転していきますが、僕はいつもベトナム。 そしてできれば母もベトナムで引き取りたいと思っています。 そうするとお墓どうするかね?という話になるのですが、そのお墓の住職が僕はきらいです。 何か考えないといけないなぁ、と思っているところに別のお寺から面白いお話をいただきました。 お墓問題はけっこう根が深くて、お墓を用意できずに自宅におかれているお骨が日本全国で400万とも450万とも言われているそうです。 お墓が高すぎて買えないと言う人たちは、骨壺とともに暮らしています。 お化けが出るとかそういう話じゃなく、骨壺を見るたびに、”ごめんね、、、お墓を用意してあげられなくて。。。”と思っていることだと思います。 問題はそこです。生きている人の気持ちの問題です。 じゃぁ合祀墓はどうかというと多くの場合自治体がやっていて、ただ穴に放り込むだけ。 供養もない。これで7万とか8万円取られるそうです。 最低限のこともないでこれというのはちょっとどうなのかと思います。 お寺からいただいたお話というのがこれについてのこと。 ちゃんとお寺で合祀墓を建てて最安値で永代供養するというサービスを展開しているそうですが、その告知のお手伝いです。 1万円。(+送料) これだけで合祀墓に入ることができ、さらに供養もちゃんとお寺でやってくれるのは、自治体の合祀墓とちがうところ。 もちろんこのやり方に反対の人もいると思います。 そういう人はお墓を建てるなど他の方法をとればよいだけで、この永代供養がすべての人に良いとは思いません。 でも骨壺を見ながらお金のことで悩んでいる人を救う、良いサービスではないかなと思います。 日本人が宗教離れ、いやお寺離れをしている原因の1つはこの葬儀、お寺の制度にあると思います。 とにかく高い。 戒名ってなんだよ? お墓ってこんなに高いの? 毎年毎年お金を請求される割には何をしてくれているのかわからない。 日本人は死ぬためにたんまりとお金を残さなければならない状況です。 イヤにならない方がおかしい。 とはいっても宗教心がゼロにというのはなかなかならないもので、やはりちゃんとお経を唱えてもらいたい、お寺に入りたいと思う人が多いと思いますが、そんな人たちに喜んでいただけるサービスになっているかと思います。 最安値1万円の永代供養。 お墓問題でお悩みの方、ぜひご相談ください。 永代供養.net  

コキアよ、どこにいった?

コキアが今、見頃です!というニュースを見て、なんとしても写真の収めたくて行ってきましたよ、ひたち海浜公園。 流山から常磐道に乗って順調に進んでいましたが、友部JCTあたりで不穏な空気。 そして、ひたち海浜公園ICの手前2kmで動かなくなりました。 これみんな、同じ目的地だよね。。。 焦らせれながら到着した、ひたち海浜公園。 目標はコキアですが、手前で噴水を発見。 新たに手に入れた可変NDで遊んでみたくてちょっとパチリと。 手持ちなので無理がある。 15分ほど歩いて到着したのが目的のみはらしの丘。 混雑過ぎて上に上がるには事前予約が必要。 やってないので下から見ます。 途中の売店ではコキアまんじゅうとか売ってました。 もうこの公園、コキア一色。 で到着したみはらしの丘。 ちょっと待て。。。 手前のコスモスはもちろん綺麗ですが、奥の方に見えるあれ、コキアだよね? なんか、、、ピーク過ぎてないか? 残念ながら見逃したようです。 が、コスモスが超綺麗。 ふらふら揺れて撮るのが難しいコスモスですが、今日は風もおとなしくて、いい感じ。 コキア、君の時代はもう終わっていたんだね。 なんだったんだ、、、あのニュースは。 そして次の準備はこの子でしょうか? これはカタクリの花かな? 詳しくないので間違ってたらごめんなさい。 一面に白い花を咲かせるのかな? これはこれで楽しみです。 ちなみにこの公園の人気に火を付けたのはベトナム人だそうです。 花が大好きな国民、ベトナム人。 彼らが大絶賛したのが広がり、日本人もたくさん来るようになったとか。 あ、間違ってたらごめんなさい。噂レベルのはなしでした。 でも今回もたくさんのベトナム人の方が来園されていました。 来年はもっともっと多くの皆さんが来られるようになっているといいですね。

Ardbeg祭り

新橋のMoonlightさんにお邪魔させてもらいました。 2店舗あるそうですが、駅に近い方、ビルの2Fだか3Fだかのお店です。 とにかくウィスキーのラインナップがすごさに圧倒されます。 棚だけでも十分な量が並ぶのにはみ出てカウンターにも並んでいます。 今では手に入らないぞ?というものもたくさん。 座った席のちょい左に並んでいました。 僕の好きなArdbeg。 癖が強いスコッチ達の中でもけっこうとんがりまくったこのお酒、大好きなんですよ。 見たことないラベルも含め、Ardbegだけでずらっとそろっている。ここで普通に手に入るArdbegを飲んでももったいない。という事で一杯目はこちら。 Ardbeg Grooves。 どことなくフルーティーな香りがしたと思ったら、それをたたき壊すかのような勢いで、Ardbeg特有の強いピート臭。 それでもほんのり残るフルーティーさはいつものArdbegとちょっと違う。 ような気がする。(笑 並べて飲み比べたいですね、こういうのは。 次に飲んだのは写真撮り忘れちゃいましたが、Ardbeg Super Nova。 スモーキーさがただでさえ強いArdbeg、それのピートx2というアホ仕様。 もうこれ、火事の現場だよ。 でも癖になる。Groovesのイメージが完全にすっ飛びました。 ラベルはキャトルミューティレーション的なかわいいデザイン。 欲しいなーと思ってAmazonみてみたら16万円。 買えないわ! しょうがない、またこのお店に来なければ。

やっぱりコニーちゃんが最高

突然の告白ですが、コニーちゃんが大好きです。 ジャカジャカじゃんけん、盛り上がってました。(すでに立派な大人でしたが) それと子供の頃、ガチャピンに憧れる反面、ムックをちょっと見下していました。 ガチャピンは何でもチャレンジしてかっこいい。 ムック、おまえはその隣で何も思わないのか? チャレンジしないのか? 腰抜けか? いつかはムックに説教してやると思った子供は僕だけではないはずです。 そんな恋も怒りもまぜこぜにいろいろな感情が沸き起こった伝説の番組、ポンキッキ。 そのミュージアムに撮影に伺わせていただきました。 やべぇ、コニーちゃん、かわいすぎる。 この声優さんのテンションと声が大好きなんですよね。 バブルバスガールという歌が最高です。 こういう番組、ぜひ海外に紹介していきたいですね。    

SAMURAI x JAPO

日本ならではのエンターテイメントの1つ、時代劇。 僕は鬼平犯科帳に中村吉右衛門バージョンでどっぷりはまり、小説を読んでも情景が頭に浮かぶほど何度も見ました。 来世は中村吉右衛門のような渋い男に生まれてきてやると心に誓っています。 そんな時代劇を支えているのが殺陣師のみなさん。 本物の迫力、体験させていただきました。 もうこれ、芸術です。 ”ちょっとやらせてよ”と言おうと思っていたんですが、無理。 見入ってしまいました。 お話をお聞きするとなかなか厳しい職業のようです。 なかなかこの仕事だけで食べていくことができないと。 こんな状態を放置してしまうとこの職業、なくなってしまいかねません。 そうなると時代劇は? まさかのCG? 日本の伝統を絶やさないために何ができるか? JAPOで世界に紹介をしていけば、彼らに活躍の場をもっと作っていくことができるのでは? これから始めます。SAMURAI x JAPO。

ジャンクション、大好きです

人形町の友達のオフィスに行ったついでに水天宮へ。 大昔、ソフトバンクで働いていた時に箱崎のオフィスだったので懐かしい場所なんです。 寂れたT−CATを見るのも久しぶり。 でも今回の目的は、箱崎ジャンクション。 下から見る箱崎ジャンクションが大好きです。 だって、ちょっと強烈じゃないですか? どういう頭で考えたら、あんな構造物を作ろうとおもえるのか? どんな順番で作っていったら交通への影響を最小限にとどめることができるのか? 見よ! これが人間様のテクノロジーだ!! とでも言いたげな迫力。なかなか写真では伝わらないので、ここで下から見上げたことがない人には、僕はただの変人に映るのでしょうが。

レインボーブリッジ、赤バージョン

週に一回、母とどこかにでかけるようにしています。 先週は袋田の滝、今週はお台場。 東京出身、バリバリ江戸っ子で今は千葉県柏市に住んでいる母はゆりかもめ初搭乗。 ちょっと意外でしたが、そりゃそうかもしれません。 来る機会ないですよね。旦那もなくなり子供達も離れて暮らしているんだから。 ふたりで電車で移動してお台場海浜公園から夕焼けを見てきました。 綺麗な景色もそうですが、息子と一緒に過ごせる時間というのがうれしいようです。 コロナ騒ぎが終われば僕はまたベトナムに戻ります。 さみしくなった家で一人落ち込むんだろうなぁって思うと、涙が出てきます。 そうそう。タイムラプスを1.5時間ほど撮っていたのですが、母と同年代のマダムに話しかけられました。 対岸のマンションに住んでいるのだそうです。 なんてことないこういう日常会話が僕は好きだし大事なことだと思いますが、最近東京では激減しているように思います。 こういうちょっとしたことでギスギスした心がすっきりするんですけどね。なんで皆さんできないのでしょう?

笹の脅威的なパワーを教わる笹離宮

長野県茅野市にある笹離宮にいってきました。 入り口から笹に囲まれて入場。 自然あふれる蓼科高原の中にひっそりたたずむ最高の場所です。 みなさん、行かれたことはありますか? 笹、笹、笹。 国内外から100種を超えるクマザサ、笹、竹などが集まっています。 竹類の植物園では世界一を目指しているとのこと。 園内の建造物のこだわりもとてつもない。 ぱっと見では”あぁ、いいねー”というだけで終わってしまいますが、ガイドの方にぜひお話を聞いてください。 このこだわり、すさまじいですよ。 こういう部分のこだわりが日本人のすごさを感じます。 いくつか撮ってきた写真をご覧ください。

袋田の滝は朝一がおすすめ

朝5時過ぎに自宅を出発して茨城県にある三大名瀑の1つ、袋田の滝に行ってきました。 7時半頃に到着しましたが、付近にひとのけはいがありません。。。 朝早いからお店はまだだとしても住民も見当たらない。 もしかして今日は休みなのか?と思いましたが、袋田の滝の入り口は人がいました。 ここに到着したのが7:59。ラッキーなことに8時までは入場料無料。 そして8時からエレベータが動くとのこと。 無料で入らせて頂きました。 ミストが舞う滝のすぐ近く。そこに朝日が差し込んでこんな素晴らしい景色を見ることができました。 ここは朝来るべきですね。 加工写真にしか見えない景色がそこにはありました。 働いている方のお話をきかせていただきましたが、コロナの影響で壊滅状態なのだそうです。 緊急事態宣言が解除されてもなかなか戻らないとのこと。 朝一だったので他の観光客はあろか、住民にもほとんど会わずにリラックスさせていただきました。 早くこの場所にも観光客が戻りますように。